FC2ブログ

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

≫ EDIT

残したい写真、残しておくべき写真

もしこの仕事を選んでいなかったら・・・
あまり人の一生というものについて考えなかったかもしれないな、と思うことがあります。
スタジオに来て下さる方は
生まれて間もない赤ちゃんから、私たちのはるか先輩である方まで、年齢はさまざまです。
ですので自然と人の一生を考えます。

私は小さいころから祖父母と一緒に住んでいました。
なのに一緒に写した写真が意外にも少ないことに気づき、とても残念に思ってます。
どんなに強く願っても時は戻ってはくれません。

毎年撮影に来て下さるお客様。
お孫さんとの絆もとても大切にされています。
大好きなおじいちゃまおばあちゃまとのこの時間、
おばあちゃまの足にさりげなく回した腕が
「大好きだよ」と、
しぐさで語りかけているような1枚です。

10年-3 - コピー

自分がどんな風に愛情を注いでもらいながら成長したのか、
写真は言葉以上のものを感じさせてくれます。
10年-2 - コピー

幼い子供が成長していく中で、
大好きな家族との写真は
過ぎ行く時間の大切さを教えてくれようなそんな気がします。

| 日記 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月