2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

≫ EDIT

つみきの家

DSC_9360.jpg

すてきな絵本に出会いました。

タイトルだけだとまったく内容は想像できません。

1ページ1ページと読んでいくうちに、

これは私たちが携わっている「写真」に

通ずるものがあるような気がして、

とてもとても感動させられました。

人が年齢を重ねていく、そしていつか歩いてきた道を振り返る。

そのときの大切な想いや大切な人との思い出が

どのような形で残っていくのか。


撮影に来てくださるお客様の「つみきのいえ」を組み立てる大工さん役

が私たち写真家なのかもしれないな。

こんな家が欲しいと、希望をお伝えくださいね。

時間が経つごとに宝になる、そんなつみきのいえになりますように。





| 日記 | 13:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月