2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

好き嫌い

L1110055.jpg

トマトをいただいた。

真っ赤に熟れたとてもおいしそうなトマト。

今は大好きなトマトだけど、

子供のころは嫌いだった。

じいちゃん、ばあちゃんが、汗水流して作っていたトマト。

なのに私はトマトを切ったときのヌルッとしたところの青臭いところがまったく駄目だった。

幼稚園の給食にもトマトはよく登場した。

みんなが食べ終わって、お昼休みに遊んでいても、私はずっとトマトとにらめっこ。



月日が経つとこんなに変わるものなのか。

いつ、どう好きになったのか、まったく記憶がない。

ひとつだけ思うことは、ずっと嫌いなものなんてないんじゃないかな、ということ。

いつか克服できるものなんだと思う。

たかがトマト、されどトマト。

みずみずしさいっぱいのトマトをかじりながら、

いろんなことを思い出す、そんな日だった。

| 日記 | 11:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月